すべてのCDP指導者候補は、沖縄の米軍基地の移転を止めようとしている

日本の立憲民主党の主要野党の指導者に立候補している4人の候補者は火曜日に沖縄県の米海兵隊普天間飛行場の計画された移転の停止を求めた。

4人の候補者全員が、日米外交の要として日米同盟を支持しつつ、基地の移転を一時停止すべきだと述べた。

彼らは11月30日の党首選挙の前に福岡の南西部の都市での政治討論と記者会見で話しました。

元首相特別顧問の逢坂誠二氏は、自民党政権と公明党の外交・安全保障政策を原則的に支持すると述べた。

しかし、普天間飛行場の移転については、移転計画は地元住民の意志とはかけ離れているため、政府は米国との立場を取り、再交渉すべきだと述べた。

小川淳也元総務副大臣は、日米関係を軸に安定的かつ現実的なアプローチをとると述べた。 同時に、沖縄に関連する問題を含め、南日本において、長期的に両国の平等を改善するための努力の必要性を強調した。

CDPの泉健太首相は、普天間飛行場の移転の中止を明確に要求し、普天間飛行場基地に関連する問題を解決するための新しい方法を模索すると述べた。

元厚生労働大臣の西村ちなみ氏は、辺野古への移転は沖縄県民の意志を反映していないと述べた。 CDPが移転を取り消すという明確な方針で世代選挙に勝った場合、CDPは米国との交渉を開始する可能性があると彼は述べた。

移転計画は、日米間の合意に基づいて、沖縄県宜野湾市の混雑した地域にある風天間基地の閉鎖と、そのヘリポート機能の建設中の新しい施設への移転を想定しています。同じく沖縄の名護にある辺野古の沿岸地域。 沖縄の住民の多くはこの計画に反対し、普天間基地を県から完全に撤去するよう要求している。

国家安全保障法の違法な部分を廃止するという10月31日の総選挙キャンペーンでのCDPの約束をめぐって、4人の候補者全員が分裂した。

大阪、小川、西村は、党はキャンペーンの約束を守るべきだと述べた。 しかし、和泉氏は、前回の選挙で政権を握ることができなかった後、CDPは政策を見直す必要があると述べ、それを修正する可能性を示唆した。

CDPの指導者選挙は、枝野幸男前党首が今月辞任し、強力な衆議院である衆議院選挙での党の不振の責任を引き受けた後に行われる。

誤った情報とあまりにも多くの情報の瞬間に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。すべてのCDP指導者候補は、沖縄の米軍基地の移転を止めようとしている

Source#すべてのCDP指導者候補は沖縄の米軍基地の移転を止めようとしている

Leave a Comment