この3つの丼の秘密とは?

このトリオには、目に見えるよりも多いか、少ないかもしれません。

食が大好きなレポーターの佐藤さんは、いつもオフィスで私たちを驚かせる方法を探しているので、先日ランチに出かけた際に、上の写真と質問を送ってくれました。 「この3つの丼に隠された秘密とは?」

佐藤さんが10秒で答えると言っていたので、答えを考えてみましょう。

10…

9…

8…

7…

6…

5…

4…

3…

2…

1…

わかりましたか?

そうでない場合でも、心配する必要はありません。秘密を突き止めることもできませんでした。 実際、オフィスの誰も彼が何を言っているのかわからなかったので、ゲームをやめて仕事に戻るように彼に言いましたが、彼はさらに 3 枚の写真を送って次のように言いました。

▼「手のひらサイズのミニチュア丼です!」

まあ、それは確かに私たちの注目を集めました。 最初、佐藤さんは食品のミニチュア プラスチック レプリカを見せてくれると思っていましたが、これらは完全に食べられるものであると断言し、東京の吉祥寺にある駅ビル「アトレ吉祥寺」の 1 階でそれらを見つけました。

弁当・総菜売り場の一角にある「匠×サンドウィッチ」の前を通りかかったときに小鉢が目に留まり、思わず3個購入。 ただし、選択できるものは他にもたくさんありました。 カレー、オムライス、チキン、チャーハン、ロウロハン.

▼各ミニボウルには80グラム(2.8オンス)の米が含まれており、価格は270〜500円(2.02〜3.74米ドル)の範囲です.

おしゃれなサンドウィッチも売っていますが、佐藤さんのこだわりはなんといっても可愛らしい丼ぶり。 を購入しました ミニ天ぷら丼 そしてその ミニ和風餅 豚肉 カツ丼、価格はそれぞれ398円で、 ミニ黒毛ローストビーフ和牛丼、定価500円。

プチサイズなのに具材がたっぷりの丼です。 天ぷら丼は海老2本付き.

カツ丼の中身 とんかつ3切れ!

黒毛和牛はいつもプレミア価格ですが、 ここにはボウル全体を覆うのに十分な肉がありました。

各ボウルは絶対に美味しく、ポーションサイズは、体重を気にしているが味に妥協したくない人に最適です. 年を重ねるにつれて米を減らそうと努力している佐藤さんのような人にとって、これは簡単に毎日の昼食になり、今では全国を席巻するミニ丼ブームに指を交差させています.

店舗情報

TAKUMI × SANDWICH アトレ吉祥寺 / TAKUMI × SANDWICH アトレ吉祥寺
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 アトレ吉祥寺1F
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 アトレ吉祥寺1階
営業時間:午前10時~午後9時

写真 © SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? Facebookでフォローして、 ツイッター!

この3つの丼の秘密とは?
Source#この3つの丼の秘密とは

Leave a Comment