いちご餅団子自動販売機で、日本の駅のダンジョンを這う価値がありました

大福の奥深くを掘り下げる

大阪梅田駅 と呼ばれることもあります 「梅田ダンジョン」 迷路のようなレイアウトのために、非常に多くの異なる電車や地下鉄の路線のつながりとして必要です。 しかし、梅田の周りを見つけるのは難しいかもしれませんが、ダンジョンのメタファーは、そこにいくつかの非常にクールな宝物を見つけることができるという意味でも機能します。これは、私たちの日本語レポーターです。 MG小川 最近しました。

MGは、駅に新しいポップアップストアスペースがあると聞いていました。 地下鉄オーパス。 日本のほとんどの主要鉄道駅には少なくともいくつかのショッピング施設があるので、それはそれほど珍しいことではありません。 しかし、メトロオーパスのユニークな点は、午後9時に店が閉まり、営業スタッフが帰宅した後でも、メトロオーパスの自動販売機から深夜まで購入できることです。

ポップアップストアスペースであるため、Metro Opusの商品は頻繁に変更されますが、MGは、現在のテナントが 大阪菓子屋浅田勝。 幸いなことに、彼は迷路をナビゲートして、御堂筋の地下鉄の改札口の近くにあるメトロオーパスの自動販売機にたどり着くことができました。

中にある宝物を見て、彼はそれらの多くが 福岡県産の貴重なイチゴ、あまおうを使った和菓子

しかし、MGが2つのバンドルをすぐに決定したため、MGが選択を行うのにそれほど時間はかかりませんでした。 あまおう大福餅餃子 756円(6.10米ドル)。

Metro Opus自動販売機はキャッシュレス決済のみを受け付けていますが、ありがたいことに、そのカテゴリ内の多くのオプションが提供されるため、クレジットカード、プリペイド電子マネーカード、さらには鉄道通勤パスを使用できます。

少し待った後、機械の下部にある回収コンパートメントが開き、MGの購入はハンドル付きの上品な箱で彼を待っていました。

それから彼は家を傷つけました(彼はすでに地下鉄の駅にいたので、それは簡単でした)。 ドアを通り抜けるとすぐに、彼は座ってデザートを楽しんだ。

このセットで実際に2種類のいちご大福を手に入れることができます。 1つは白あんこ餡、もう1つは通常の赤あんことホイップクリーム

餃子全体を口に入れるだけでもかまいませんが、それぞれに付属しています 「これを使って大福を切ってください」と書かれた文字列。 これにより、一口サイズがより扱いやすくなるだけでなく、あまおうイチゴの断面と美しく鮮やかな赤い色を賞賛/写真撮影することができます。

綺麗なだけでなく美味しかったです、ただし別の方法で。 ホイップクリームとあんこ大福は、クリームとあんの甘い味わいが味わいを際立たせ、イチゴの香りがさわやかな味わいを引き立てます。 一方、白あんこ大福のマイルドな味わいは、いちごのタルト味を際立たせ、あんこはすっきりとした甘みのある仕上がりに。

メトロオーパスはポップアップストアスペースなので、5月22日には浅田かしょのランが終了します。MGはそれまでに大福のリフィルに戻る予定ですが、次のテナントが誰になるかを楽しみにしていて、指を交差させて、自動販売機にも美味しいデザートをストックする予定です。

関連:メトロオーパスのウェブサイト
写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター
[ Read in Japanese ]

いちご餅団子自動販売機で、日本の駅のダンジョンを這う価値がありました
Source#いちご餅団子自動販売機で日本の駅のダンジョンを這う価値がありました

Leave a Comment