いいえ、東京スカイツリーは連帯のためにウクライナの色で照らされていませんでした…しかし、別のランドマークは

意図的 かどうかにかかわらず、多くの人はまだ配色を希望と励ましのしるしとして見ています

日曜日の夜、 東京のウクライナ大使館 東京スカイツリーの写真をメッセージとともにツイート 「スカイツリーはウクライナの色になりました!」 ハッシュタグ#StandForUkraineと#StandWithUkraineNOWとともに。

▼日曜日にツイートしましたが、写真は前夜の2月26日と同じスカイツリーです。

下部の余分なレイヤーは、完全に一致していないことを意味しますが、ウクライナの国旗の青と黄色の配色によく似ており、ツイートはすぐに100,000件近くのいいねを獲得しました。

木曜日に始まるウクライナのロシアの侵略での戦いで、 スカイツリーからの連帯のしるしとしてこれをとった人もいました、特別なイベントのために照明の色を定期的に変更します。 しかし、照明は意図しない偶然の一致であったことが判明しました

東武グループ(スカイツリーのオーナー)のこの記事の真上と上部にあるプレスリリースの写真に示されているように、 スカイツリーには3つの異なる標準カラーパターンがあります。 左側のものはと呼ばれています 「イキ」 (「シック」を意味する)、そしてその色は 隅田川の水面にスプレーフォーミング (正式に定められた色は青と白です)、江戸時代の東京の主要な交通機関。

iki、みやびとのぼり(他の2つのカラーパターンの名前)と一緒に、 2020年2月にスカイツリーのローテーションを開始、海外からの来場者の流入を見越して、日本は東京オリンピックに期待していた。 それ以来、彼らは特別な照明パターンを除いて、安定した3日間のローテーションを続けており、土曜日はたまたま壱岐の番が再び現れたときでした。

「今日の照明はいきです」 土曜日の朝、スカイツリーの公式アカウントをツイートした。 日曜日の文様はみやび、月曜日の文様は幟で、3月1日から9日まで桜の特別な色柄が走ります。

スカイツリーのカラーデイリーパターンは、1ヶ月前に設定され、公式サイトに掲載されています。 スカイツリーの広報担当者はまた、ハフィントンポストの記者に、色のパターンがウクライナの状況とは何の関係もないことを確認した。

多くのツイッターユーザーが大使館のツイートに、壱岐のカラーパターンとスケジュールの存在を指摘することで応えました。 すべて同じ、 土曜日の夜にスカイツリーを見た他の多くの人、または翌日大使館によって投稿された写真は、ウクライナの人々に彼らの考えを引き付けました、そして紛争の迅速かつ平和的な終結への彼らの希望、以下を含む反応を伴う:

「偶然の一致でも、日本で最も高い塔から励ましの光が輝いていました。」
「最終結果はまだ私たちの国とウクライナの間の絆を深めています、そして私は彼らが再び平和を知るだろうと信じています。」
「それが定期的なローテーションの一部であったかどうかにかかわらず、多くの人々が着色を見たとき、それは彼らにウクライナを思い起こさせました、そしてそれは重要です。」
「これがウクライナの人々に少しでも勇気を与えるなら、それは良いことだと思います。」

一方、新宿区の町の向こう側には、 東京都庁舎 (としても知られている ビレット)。 実際には、連帯の意図的なショーでウクライナの旗の色で照らされています

「日本で最も高い建造物」のステータスを主張することはできませんが、高さ242.9メートル(797フィート)の東丁は依然として巨大な存在であり、実際の政府施設であるという事実は、間違いなくスカイツリーからのジェスチャーよりも重要なジェスチャーになりますなれ。

東京都庁舎は、3月6日午後6時から午後11時まで毎晩青と黄色に点灯する予定です。

ソース: Twitter / @ UKRinJPN、東武グループ、ハフィントンポストジャパン、ライブドアニュース経由のFNNプライムオンライン、東京スカイツリー
画像:東武グループ
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

いいえ、東京スカイツリーは連帯のためにウクライナの色で照らされていませんでした…しかし、別のランドマークは
Source#いいえ東京スカイツリーは連帯のためにウクライナの色で照らされていませんでしたしかし別のランドマークは

Leave a Comment