「神奈川県のすべての警察署が葬儀場の賄賂を受け取っている」と元役員によると

賄賂事件の擁護者は、彼が一人ではないことを主張しています。

2月15日、神奈川県警の加藤誠が汚職容疑で元警官を対象に裁判が開始された。 加藤容疑者は、最近亡くなった人の家族と一緒に、警察署近くの葬儀場からのキックバックを受け入れたと非難されている。

加藤容疑者は有罪を認め、違法制度がどのように機能したかを概説した。 私は法廷で次のように説明しました 彼は、現金ではなく、商品券、プリペイドカード、ビールのチケットの形で賄賂を受け取りました。。 48歳の女性は、約200万円(1万7000ドル)相当のバウチャーを受け取り、約30万円(2600ドル)相当のバウチャーを部下に渡したと言われている。

引き換えに、彼は死体を含む電話を受けたときはいつでも、最初に有料の葬儀場に通知しました。 しかし加藤容疑者は、単純な告白を超えたようで、これは彼が働いていた6つの警察署すべてで起こったことであり、おそらく「神奈川県警では、すべての警察署が葬儀場から賄賂を受け取った」と説明した。 加えて、「上司にやめさせられなかったこと、県民を裏切ったことを後悔している」と付け加えた。

▼裁判のニュースレポート

加藤容疑者は、県警全体を非難したが、提起されたのは今回が初めてではない。 2018年、葬儀場の労働者であると主張する掲示板2ちゃんねるの匿名投稿が、神奈川県の警察と葬儀屋の関係を詳細に説明しました。

ポスターは、同じ贈答品の支払い方法を説明するだけでなく、神奈川県警につながる葬儀場で働いている間、夜遅くにバーに駆けつけて警官の飲み物の代金を払い、次のような不要な仕事をしなければならないと述べた。遺体安置所の掃除。 うんざりして別の葬儀場に転勤した後も、警官が顧客を連れ去り、遺族に拘束された事業のサービスを、しばしば高額で受け入れるように強いるという問題に直面しました。

神奈川県は、死体を使ったプロトコルで日本でもユニークです。 すべてではないにしても、ほとんどの都道府県は、進行中の調査において遺体を証拠として扱っているため、警察以外の誰もそれらを扱うことを許可されていません。 しかし、神奈川県では、遺体の輸送・保存の義務は民間企業が担っているため、この地域特有の問題となっています。

2ちゃんねるのポスターは、出会ったすべての警察官が悪いわけではなく、警察官の約10%が賄賂を拒否し、場合によっては葬儀場の労働者が我慢しなければならないことに同情してコーヒーを提供すると付け加えた。 それにもかかわらず、それは法執行機関と住民の間の信頼をひどく破る根深い問題であるように思われます。 オンラインコメントは彼らの嫌悪感をすぐに表現しました。

「これがすべて真実なら、それは恐ろしいことです…」
「神奈川県警は深刻な問題を抱えています。」
「これをどうすればいいのかわからない。 私はそのようなものを見たことがありません。」
「それについて読んだだけで気分が悪くなります。」
「神奈川県の警察は悪いと聞きましたが、こんなに悪いとは思ってもみませんでした。」
「神奈川市民として、私はうんざりして何も言えません。」
「警察は今パニックモードにあり、賄賂を返還するためにスクランブリングをしているに違いありません。」
「私たちは誰も信用できません。」
「彼らは死を売っています。」

以前の裁判では、神奈川県の葬儀場の所有者は、賄賂スキームの一部として執行猶予付きの判決を受けました。 裁判官は、彼らが有罪を認め、反省を表明したことを考えると、それは満足のいくものであると述べた。

加藤容疑者は、現在、検察が公的信頼を侵害したとして、懲役2年半の刑を言い渡している。 彼も有罪を認めたので、すぐに決定が下されるだろうが、法廷に落とした爆弾はより長く続く効果があるかもしれない。

出典:NHK News Web、朝日新聞、ウシミツ、My Game News Flash、八馬木子
上の画像:パクタソ
画像挿入:パクタソ

●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? Facebookでフォローして ツイッター

「神奈川県のすべての警察署が葬儀場の賄賂を受け取っている」と元役員によると
Source#神奈川県のすべての警察署が葬儀場の賄賂を受け取っていると元役員によると

Leave a Comment