「トリニティ、トリニティ、トリニティ」:原子力発電の称賛に値する探求

私たちの核戦争の歴史は、何世代にもわたって私たちにどのような影響を与えてきましたか? その結果、私たちはまだ理解することができませんか? 小説家であり視覚芸術家でもある小林エリカは、ブライアン・バーグストロムが巧みに翻訳した投機的なスリラー「トリニティ、トリニティ、トリニティ」でそのような質問を探ります。

福島原発事故から9年後のこの本は、2020年の東京オリンピックに向けて、姉と一緒に寝たきりの年配の母と娘の世話をしなければならない無名のナレーターを追っています。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

。「トリニティ、トリニティ、トリニティ」:原子力発電の称賛に値する探求
Source#トリニティトリニティトリニティ原子力発電の称賛に値する探求

Leave a Comment